アウトソーシングすると社宅業務はどのくらい削減できますか?
A
8割以上はアウトソーシング可能です。物件を探すところから、契約手続き、各種費用の支払代行、解約の手続き、原状回復費用のチェック、精算に至るまで、社宅に関する業務の8割以上はアウトソーシングすることが可能です。その分を他の業務に回すことができ、より安定した社宅制度の運用が実現できます。